SSブログ

チューリップ咲きました(2006年春のフロントガーデン) [├私の庭]

フロントガーデンのチューリップが咲きました。去年までは、アリッサムを下生えにして派手目のチューリップというパターンでしたが、今年は逆にして、パンジーで下生えを派手にしてチューリップはシンプルに白にしてみました。

ただ、このパターンは今年でやめようかなぁ、と思っています。理由はいくつかあるのですが・・・









一番大きな理由は、飽きること。秋に植え替えをしてから、ほとんど変化がありません。冬なんで仕方のない面もありますが、もともと一年草中心の花壇にしようと考えた理由は、前を通る人達に楽しみに見てもらえるような庭にしたいと思っていたからです。一年草でいろいろとパターンを買えて変化を出そうと考えたのですが、通る人は近所の人達で、毎日同じわけですから、半年間も同じ状態というのを楽しんでもらえているとは思えないからです(なんといっても、私が飽きるのですけど)。それよりは、宿根草や球根類で、植物の種類は変化がなくても、毎日の変化(蕾が付き、花が咲き、そして生長していく)がある方が楽しめるんではないかな、と思うわけです。

デザイン面、植物の育成面での未熟さも問題です。毎回、植物の組み合わせのパターンを変える為には、デザインを考えるのも大変ですし、なにより植物が思ったように育ちません。このフロントガーデンは、西側で午前中は日が当たりません。特に向かって左側は、半日陰というよりは、ほとんど日陰の環境のようで、一年草で多い日向向きの植物がほとんど育ちませんでした。ただでさえ植物を育てた経験が少ないのに、毎回種類を変えてうまくできるはずもありません。

これからどうしようというのは具体的に考えているわけではありませんが、気に入った宿根草を植えていって、残った奴はそのままに、残らなければ違うものを植える、というやり方になるかと思います。落ち着くまでに数年はかかるでしょうが、そのころにはどうなっているのか楽しみではあります。


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 3

せり

本当に去年と違いますね。^ ^一年草花壇は、いつも花があって華やかでいいなあと思いますけど、植え替えの手間が大変そうです。日照も一年通して見ないとわからないですしねぇ。難しいですね。でも花壇がどう成長して行くのか楽しみでもあります。デザインはいいと思いますよ。でもやっているご本人が満足することはないのかな〜、やっぱり(苦笑)。ガーデナーもやっぱりそうです。
by せり (2006-04-12 08:26) 

いむら@fintopo

いろんな意味で、庭が完成する、ということはないんでしょうけどねぇ・・・

ブログで紹介する分には、一番いいときですし、毎年の変化も比べられますけど、毎日見てると少し物足りないですね。フロントガーデンは、気がついたら常緑ばかりで変化に乏しいというのもあるかもしれません。

一年草の植替えは、年2回(5月と10月くらい)でまとめてやるので、それほど大変ではないです。
by いむら@fintopo (2006-04-12 18:37) 

とうせみ

インチキ渓谷、是非造ってみてください。ただ、花崗岩の感じの良い石を探すのが少しむずかしい。自分は、とある渓流で数個づつ集めました。川は国の物、本来持ちだし不可は承知ですが、我家の少庭に拝借しました。売る訳ではないので勘弁してもらいました。気に入らなくなって飽きたら返す予定
です、、、?。
ブルーシートで造るビオトープも考えましたが、池の造成の縁起かつぎよる家族の反対で断念しました。従ってインチキ渓谷の清流を流す渓流化も水道代とも関連して止めました。ポンプ循環となると大げさになりそうだし、飽きた時に困ります。いろいろ庭をいじくり回して何時気に入らなくなるか判らないので。終生「これで良し」には、恐らくならないと思います。
コメント有難うございました。
by とうせみ (2006-04-23 16:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます