SSブログ

セラミックのハサミ [├道具]

ガーデニングを始めた頃、コニファーは鉄に弱いから、普通の剪定ばさみは良くない、という話を聞いた。

鉄が良くないなら、セラミックならいいんじゃね?
そう考えて、セラミックのハサミを探したんだけど、なかなかなくて、やっと小さいハサミを見つけた。
小さいのにやたら高くて、買うつもりだったのに躊躇したほど。

コニファーを剪定すると、確かに茶色くなったりする。
赤錆に似た色だから、鉄に負けた、なんて言うのだろう。
けど、鉄とはなんの関係もない。
だから、セラミックのハサミを使っても、茶色くなる。

そもそも、コニファーは、あまり選定を必要としないようだ。
だけど、狭い庭に植えると邪魔になったりする。で、剪定する。
寒冷地の植物だから、日本の暖地には、そもそも合わない。
あんまり剪定が必要ないのに、合わない環境で弱ってるのに、剪定されれば、そりゃ枯れることもあるだろう。
そういうこともあってか、検索すると「コニファーの剪定にはセラミックのハサミを使おう」なんて出てくる。オカルトやね。

うちの庭のコニファーも、今は残っていない。
5月くらいまでは元気なのに、突然枯れるんだよね。
梅雨が、おそらく、合わないのだろう。
そうして、一本減り、二本減り。
最後の一本は、大きくなりすぎて、道路にはみ出るので、残念だけど切り倒した。

セラミックのハサミも、もう必要ない。・・・なんてことはない。

結局、コニファーの選定にはほとんど使わなかった。
小さくて、剪定なんかには使えなかった。
だけど、道具箱の中で便利にされていた。

錆びないんだよ。
セラミックだから。

紐を切ったり、土の袋を開けたり、ハサミが欲しい。
クラフトハサミを買ってたんだけど、じきに錆びていく。
何回か買い直して、ふと気がつくと、セラミックのハサミは、普通に使えていた。
それに気がついてから、クラフトハサミを買うのはやめた。

そうして、便利に使っていたセラミックのハサミなんだけど、
この前、気がついたら、道具箱に入っていない。
探したけど、見つからない。
がーん。

それからしばらく、ハサミがなくて、ちょっと不便してた。
いや、かなり不便だった。
でも、買うなら、セラミックのハサミがいい。
と、探すんだけど、見つからない。

ふと、台所用品売り場を通ったら、セラミックのハサミがあった。
おお、そうだよな。錆びないから水場にいいよな。
大きかった。
前のは小さすぎて使いにくかったけど、これは使いやすそうだ。
そして、高かった。
欲しいのに躊躇するくらい。
かなり悩んで、買ってきた。

DSC05685

タグ:コニファー
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

駐車場花壇の植え替え ー 2018年10月28日 [└作業記録]

気がついたら、1年ぶりのこのブログ。
最近の週末は、写真撮影に出かけてばっかで、庭はちょっとおざなり。

特に今年は、夏は暑すぎるし、秋は週末になると雨ばかりで、もう庭は見れたもんじゃありません。
秋は諦めているとはいえ、これはヒドい。
踏み入るのも躊躇するくらい。
枕木通路ができたから、何とか歩けるけど、蜘蛛の巣取りの棒は必須です。
春?夏の花壇も反省点は多々あるんで、改善しつつ次のシーズンを目指しますか。

というわけで、まずは駐車場花壇の植え替え。

DSC01686

メインガーデン?バックヤードは、日当たりを考慮して改良してきたんだけど、今年の春夏の様子を見る限り、日照は足りてないようで、花はイマイチな感じ。
花いっぱいにしたいわけじゃないんだけど、少しは欲しい。でも、ローメンテナンスにしたい。
そんなせめぎ合いで苦心してるんだけど、やっぱり日向向きの花は諦めてくしかないかなぁ、と思い始めている。

そんな中でのアイデアの1つが駐車場花壇。
ここは夏は日陰になっちゃうんだけど、冬なら日が当たるので、春咲きの花ならいけそうかな、と。
4月いっぱいくらいまで花があれば、あとは新緑を楽しめばいいので、植え替えなしの春用花壇。

去年から始めてるんだけど、とりあえずチューリップとビオラを中心に、植物の選定と植え方を試しながらやっている。
今年植えたのは、
- チューリップ
- ビオラ
- キンギョソウ
- ネメシア
- サクラソウ
- ビデンス

チューリップを奥に、手前に背が低いものになるように配置。
一番奥にしているのは、去年の反省から。
チューリップの葉っぱって、あんまり広くない花壇では結構邪魔になる。

公園の花壇みたいになっちゃうのが欠点だよなぁ。もうちょっとナチュラルにしたい。
今は、使える植物の選択が優先だから、配置に関しては、徐々に試していくかなというところ。

その他の写真

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー